冬が近づいてくると気になるのが、降雪による交通状況ですね。

雪国の方は年中スタッドレスだったり、雪道の運転も慣れているのでしょうが、

雪は年に2~3回降るか降らないか・・・
雪山へも今年1~2回行くか行かないか・・・

みたいな状況の方だと、
「そのためだけにスタッドレスを準備するのも・・・」
と躊躇してしまいますよね。

スタッドレス4本と交換工賃・・・高くつきますしね。^^;


ノーマルタイヤにチェーンでいいかな?
安い中古スタッドレスでもいいかな?

など、車の冬仕度に迷っている方、ぜひ本記事をご参考になさってくださいね。

スポンサードリンク
  

雪にはスタッドレスかチェーンか?買うならどっち?


冬が長い地域の方、豪雪地帯の方はともかく、

たまにしか雪が降らない。
たまにしか雪山へ行かない。

という人にとって、車の冬装備は悩みどころですよね。


まず思い浮かぶのは、

「スタッドレスが必要か?チェーンでしのげるか?」

ではないでしょうか。


この回答としては、
雪道を走るという点では、やはり断然スタッドレスがおすすめです。


基本的にスタッドレスタイヤは、雪道など氷上性能を重視した設計となっており、タイヤの溝が深くなっています。
また、ノーマルタイヤ(夏タイヤ)に比べて、タイヤ表面の弾力性が強い、つまり柔らかいゴムが使われています。

これらの特徴により、雪道でもしっかりとグリップできます。
雪道を走るのなら、やはりスタッドレスが安全性が高いのです。


しかし年間数回降るか降らないかの雪であれば、そのためだけに冬の間スタッドレスに交換するメリットは微妙なところです。

氷雪路では性能を発揮するスタッドレスですが、氷雪路以外での性能は全体的に夏タイヤに比べると劣ります。


“柔らかい”というスタッドレスの特性上、カーブや急なハンドル操作時の制動力が弱かったり、夏タイヤよりもブレーキ時の制動距離が長くなります。


特に、雨などで濡れた路面では、溝が深いことで水が路面とタイヤの間に入りやすく、水の上を滑ってしまうハイドロプレーニング現象が発生しやすいのです。

そのためブレーキをかけても止まるまでの距離が伸びてしまいますし、スピードが出ていて急ブレーキ・急ハンドルなどきれば横転の危険性も高まります。


スタッドレスを履いている間は氷雪路ではもちろん、ドライ路面・ウェット路面でも普段より慎重な運転が求められます。

ひと冬に1~2回雪が降るか降らないか・・・ぐらいの地域であれば、降った日だけの対処法を考える方が良さそうです。


また、スタッドレスタイヤは夏タイヤと比べて柔らかくできているため駆動力が伝わりにくく、燃費が悪いとも言われますが、燃費についてはびっくりするほどの差はないと思います。

特に車重の軽い軽やコンパクトカーだとさほど気にならない程度でしょう。


スタッドレスはタイヤが柔らかいため 夏タイヤに比べるとタイヤの減りも早く、寿命が短い、というのはあります。
メーカーなどはスタッドレスの寿命は概ね3年と謳っています。

タイヤチェーンとスタッドレスの効果を比較!


一方、「ノーマルタイヤ+チェーン」という選択の場合、駆動輪2本にチェーンをつけますが、そうするとチェーンをつけていないタイヤは滑りやすいままです。

チェーンを巻いているタイヤはグリップするけど、そうでないタイヤは横滑りしやすい状態。

想像するだけでも、あまり安心して走れそうとは言えませんね。


また、チェーン装着状態では振動が激しく乗り心地も悪く、あまりスピードが出せません。ゆっくり慎重に走ることになります。
特に高速道路では、周りの車がスピードを出して走っている中、チェーン装着でとろとろ走るのは危険です。


チェーンは常に装着していたり、氷雪路以外で使用したりすると、摩耗が激しく切れやすくなります。

気をつけたいのが、雪のないトンネル内。
トンネル内でチェーンが切れて停車して作業することになったら、大変危険です。


高速道路の長いトンネルではチェーン装着禁止のところも多くありますが、
かといってトンネルや雪のない場所のたびに路肩に止めてチェーンを着脱するのも危険ですし、面倒で現実的ではありません。

冬の高速道路ではスタッドレスが必須と言えるでしょう。


チェーンはあくまでも緊急用、またはスタッドレスのさらに補助用として使うのがおすすめです。

本場?雪国でも、常にチェーンで走っている車はほぼいないようです。
値段も、さほど安くはありません。

日常的に使いづらいチェーンをメインにするより、スタッドレスを選択するのが現実的と思われます。


ただし、高速道路で雪山へ行くような場合には「チェーン規制」にも注意が必要です。


多くの場合は、駆動輪にチェーン装着または全車輪に冬用タイヤ装着で通行可能ですが、
路面状況によっては「全車両チェーン装着規制」となる場合があります。

「全車両チェーン装着規制」が出たエリアは、たとえ全車輪にスタッドレスを装着していても、チェーンを装着しなければ通行できません。


どの箇所がどういった規制なのかは現場の状況によりますので、冬場の高速道路では 念のためスタッドレスだけでなくチェーンも携行したほうが良いでしょう。


なお、これらの規制内容は各都道府県警が決定していますので、詳細は目的地・経由地の警察、または日本道路交通情報センター(JATRIC)のホームページ等で確認していくと良いでしょう。


また、スキー場の駐車場に入る時など、路面よりすこし段が上がったところへ乗り入れないといけないようなとき。
そのちょっとした段差が凍結しているとスタッドレスでも上れなかったりしますが、そんなときにもチェーンがあれば対応できますね^^

(まぁ、それぐらいなら皆で車を押してもなんとかなりますが・・・)


チェーンは長距離走行するには耐久性が強くないし 振動も激しく快適性に欠けるので冬場にメインで使用するには不向きですが、
スタッドレスでも滑るような過酷な場所でも路面の氷雪を突き刺して走行できるその力強さは、ピンチの時には心強い存在です。


チェーンには


・昔ながらのはしご型金属製チェーン(いわゆるJISチェーン)
(安くて滑りにくいが、装着しにくく やや切れやすい)


・金属製 亀甲チェーン
(はしご型チェーンからさらに横滑りもしにくく改良)

スポンサードリンク



・非金属チェーン

(付けやすく切れにくいが、価格は金属チェーンより高め)


などの種類がありますのでお好みや条件に合わせて選びましょう。
また、どれを購入しても 雪になる前に一度は装着練習をしておきましょうね。

スタッドレスの中古やレンタル、布チェーンという手も


冬場をしのぐ対策として、他にこんな手もあります。


  • スタッドレスタイヤの中古を購入する

  • 中古タイヤなら当然新品よりは安く買えます。
    安くて程度の良いものがあれば嬉しいですよね。

    ただし、スタッドレスの寿命は3年と言われています。
    例えば1か月しか使っていないタイヤでも、5年前に製造されたものなら寿命を過ぎていることになります。
    ですので、中古のスタッドレスを検討される際は必ず、タイヤ側面にある製造年月をチェックしてください。

    個人的には、中古タイヤはこの先使用できる期間の割には高いものが多いような印象です。
    また、使用期間も実際のところどうなのか分かりません。

    費用対効果や性能・安全性を考えると新品がおすすめではありますが、
    中には掘り出し物もあるでしょうから、しっかり吟味して頂ければと思います。


  • スタッドレスタイヤのレンタルを利用する

  • 私も最近知ったのですが、スタッドレスタイヤをレンタルしてくれるところは結構各地にあるのですね。
    レンタルなら大抵タイヤ交換工賃込みで作業してくれるし、タイヤを保有しないので保管のわずらわしさがないのも嬉しいですね。


    一般的にタイヤサイズが大きいほど高額になりますし、何日(何泊)レンタルするかで値段が変わりますが、
    年に数回雪山へ遊びに行くだけとか、スタッドレスが要らない年もある、というような方には安くつくかと思います。

    金額は店によりけりですので、“スタッドレス レンタル (地域名)”などで検索して調べてみてくださいね。

    参考(別ウィンドウ)レンタルスタッドレスタイヤ(OLD GEAR)


  • 布チェーン(オートソック)を利用する

  • あまり聞きなれないかもしれませんが、「オートソック」という非金属製タイヤチェーン、いわゆる“布チェーン”が市販されています。

    タイヤに被せるだけの靴下みたいなもので一見頼りない感じなのですが、実は多くの自動車メーカーで純正オプション品として採用されています。


    着脱もとても簡単で値段も安く、タイヤやチェーンよりもかさばらないので、緊急時のために車に積んでおくと安心ですね。

    ただしあくまでも滑りやすい路面からの緊急脱出用の製品です。
    長期走行や高速走行、ドライ路面での走行に耐えるものではなく、使い捨てのようなものです。

    降るかな?降らないかな?という程度の予測状況であれば、万が一の際もこれで対応できるかと思います。


  • 公共交通機関を使う

  • 「なんじゃそら!(怒)」と思われそうですが^^;
    思い切って車を諦め、電車やバスなどの公共交通手段を使うというのもひとつの手です。


    年に数回 雪山へ遊びに行くだけ、とかであれば、そのためだけに冬装備を買うのも経済的ではないですし、装備をしても慣れない雪道を走るのはやはりそれなりにリスクを伴います。

    電車なら交通事故の心配もいりませんし、安心して道中を楽しめるメリットもあります。

    公共交通機関が動いているのであれば、車で行くのは諦めて公共交通機関を使うのは経済的にも安全面でもベターな選択かもしれませんよ。
    一度立ち返って検討してみてはいかがでしょうか。


それぞれの手段に一長一短ありますので、ご自分の使用状況やご予算に合わせて検討してみてくださいね。

まとめ


以上のように、雪道走行するなら基本はスタッドレス。
さらに過酷な状況に備えてチェーンも携帯するのが理想的です。

ただし雪道を走る頻度などに合わせて、いろいろな選択肢から選ぶのが良さそうです。

いずれにしても氷雪路の走行は危険を伴いますので、無理をしないことが一番重要ですね。


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク