中秋の名月とも言われる「十五夜」が済んでしばらくすると、
今度は「十三夜」がやってきます。


十五のあとに十三?
十五夜と十三夜の違いって??


十三夜についてと、開運する十三夜の過ごし方をご紹介します。


スポンサードリンク
  


十三夜とは?2017年の十三夜はいつ?


十三夜とは、旧暦で13日の夜のこと。

ですが、お月見の風習で言われる「十三夜」は、旧暦9月13日の夜を指します


今年 2017年の十三夜は、11月1日(水)。


十三夜は新暦では毎年日付が大きく変わります。

2017年は11月になってから訪れますが、例年は10月になることが多く、
例えば 2014年の十三夜は10月6日でした。

年によっては1カ月ほども日程が変わってくるのですね。


十三夜は栗が旬な頃でもあるので、別名「栗名月」とも呼ばれます。

または、豆を神棚にお供えする風習もあったことから「豆名月」と呼ぶこともあります。


十三夜には十五夜のようにお団子やススキをお供えしてお月見をします。

十三夜のお団子は13粒、ススキは3本が最も縁起がよいといわれています。


ススキは魔除けの力があるとされ、十三夜にはおすすめのお供えですが、
ススキはアレルギーを起こす可能性のある植物でもあります。

ススキ花粉症の方、イネ科の植物にアレルギー反応が出る方は
家に飾ったり近づいたりするのは控えておきましょう。

代わりに造花・作り物のススキなど飾るのも良さそうですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和紙 すすき
価格:1620円(税込、送料別) (2017/10/20時点)


十三夜、十五夜、中秋の名月の違いは?お月見しないと縁起が悪い?


一方、「中秋の名月」として有名な「十五夜」は 旧暦で8月15日の夜のこと

そう、「中秋の名月」と「十五夜」は、一般的には同じ意味でつかわれています。


旧暦では7~9月が秋とされるので、その秋の真ん中ということで「中秋」。

そのさらに真ん中の十五夜はほぼ満月で、美しい名月となることから、
旧暦8月15日の月を中秋の名月として愛でてきました。


この十五夜は、芋が旬な頃でもあるので、「芋名月」とも呼ばれます。

今年 2017年の十五夜は、10月4日でした。


例年、十五夜は晴れる日が少なく、はるか江戸時代の書物にも
「中秋の名月、十年に九年は見えず」と記されていたそうです。


ですが今年 2017年の十五夜は各地で天気が良かったので、
美しい名月を観賞した方も多かったのではないでしょうか。


そんな十五夜にお月見をされた方は特に、十三夜にもお月見をすることをおすすめします。

というのも昔から、十五夜と十三夜の一方だけをお月見するのは
「片月見」(あるいは「片見月」)と言い、縁起の悪いものとされてきました。


実際に片月見では悪いことが起きるかどうかは別として、
十五夜と十三夜は両日とも月見をするほうが
より月の開運パワーを授かれるのは間違いないでしょう。


十五夜と違い、十三夜の夜は晴れることが多く、
「十三夜に曇り無し」とも言われます。 

ぜひ十三夜にも、ゆっくりと秋の名月を堪能してみてください。


スピリチュアルな十三夜の過ごし方!月光浴やお願いは?


十三夜にお月見をして風情を楽しむ。

これだけでも十分開運につながるのですが、
よりスピリチュアルに開運するための過ごし方をご紹介します。


・十五夜と十三夜、両日ともお月見をして金運アップ!


十五夜と十三夜の両方お月見をしたほうがよいのは昔から言われていますが、
そうするとどう良いのかというと、
金運がアップします。


秋は作物が実り、収穫をする時期。
つまり豊かさのエネルギーに溢れた季節です。

さらに、まあるく膨らんだ輝く月も、成果と豊穣の象徴。

これらの豊かさ・収穫、つまり富のエネルギーが、十五夜と十三夜には特に満ち溢れています。

両日ともお月見をすることで、その豊かなパワーを120%享受することができるでしょう。


・十三夜には団子・ススキ・栗・ウサギの置物を。


十三夜のお月見にお供えすると良いものは、

・団子13粒
・ススキ3本
・栗、または枝豆
・うさぎの置物や飾り物

です。


十五夜の場合は栗(または枝豆)が芋に代わります。


うさぎは月の使者であり、月のエナジーを結び付けてくれる動物。

うさぎの置物・小物・お飾りを一緒にお供えすることで、
より月のパワーを呼び込んでくれるでしょう。

スポンサードリンク


・お月見の際はお願い事はしない!


毎月の新月や満月に願い事をしている方も多いと思いますが、
この十五夜・十三夜は願い事をするタイミングではありません。


そもそも十五夜も十三夜も、秋の実りに感謝をするイベント。

農業に従事していない方でも、今自分にある環境や 日々食べている食物などに感謝をしながら
お月見をしましょう。

豊かな月に感謝の気持ちを捧げることで、またこれからも豊かさが続くのです。


・月光浴はもちろんおすすめ!パワーストーンの浄化・エネルギーチャージにも。


お月見をすること自体が月光浴になっていますので言うまでもありませんが、
十五夜や十三夜の月光浴はとてもおすすめです。


普段の満月でも月から豊かな波動が出ていますが、
十五夜・十三夜のそれはまた別格。

1年で最も月のエナジーが高まっているときです。
たくさん月の光を浴びて、豊かさの波動を受け取りましょう。


パワーストーンを月光浴で浄化させる方も多いと思いますが、
十五夜・十三夜にも行うのをおすすめします。


十五夜や十三夜は満月ではないことも多いですが、
普段の満月以上に 月のパワーが豊富です。

浄化力はもちろんのこと、金運に関する力の高まっている月になりますので、
金運系パワーストーンなどには特にエナジーがチャージされるでしょう。


・曇りや雨で月が見えなくても月の波動を受け取ろう!


曇りや雨でせっかくの月が見えない・・・

そんな十五夜や十三夜もあるかと思いますが、心配はいりません。


月は隠れていても、月の波動は大気中に満ち溢れています。

ですからお天気が悪くても、少しの時間でも夜の外の空気に触れて、
月の波動を受け取りましょう。


雨に濡れないところで ススキやお団子をお供えし、
月の見えないお月見をするのもOK。


月に感謝の気持ちを届けること。月の波動を受け取ること。
これが大切なのです。


ただ、朝晩寒くなり始めている頃でもありますので、
風邪をひくほどは夜風に当たらないようにしてくださいね。


・金運が高まる時期なので、お財布の新調もおすすめ!


秋に買う財布は「空き」財布だから縁起が悪い、
という俗説もありますが、

このように秋は実りと収穫・豊穣のエナジーの溢れる季節であり、
金運の高まっている時期なのです。


そんな秋の中でも、この十五夜・十三夜は
月の波動も強力に味方する、超 金運アップデーと言えます。


お財布は金運力が高まっているときに新調すると
その金運力がお財布に宿りますので、購入タイミングは大切なのです。

十五夜・十三夜にお財布を新調するのはとても良いタイミングといえるでしょう。


関連ページ

⇒ 「金運を上げる財布の色、素材、形!ファスナーやカード枚数も」



まとめ


いかがでしたでしょうか。

十五夜・十三夜の月は 風流で目を楽しませてくれるだけでなく、
とっても力強くてありがたい存在なのですね。

お月見なんてしてなかった~、という方も、
ぜひ今年から お月見を楽しみつつ、開運にも結び付けてくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク