秋らしくなってきた10月後半。

カレンダーに「霜降」と書いてある日が目に留まった方も多いのでは。

いったい「霜降」とは何の日でしょうか?


スポンサードリンク
  

暦にある二十四節季の「霜降」とは?


「霜降」とは「そうこう」と読みます。


二十四節季のひとつで、「寒露」の次、「立冬」の前にあり、

毎年10月23日頃に巡ってきます。


朝晩冷え込んできて、山間や寒冷地では初霜が降り始めるころ。


夕方暗くなってくるのも早くなり、日が短くなったな~と感じ始めるころでもあります。

地域にもよりますが、暖房器具なども準備を始める方が多くなるのもこのころですね。


また、この「霜降」から「立冬」の間頃に、冷たい北風が吹くことがあります。

「木枯らし」といわれるものですね。


このように、霜や木枯らしなど、冬の訪れが近いことを感じさせる季節です。

特に霜は農作物への影響大なので、農業をしている方などは注意が必要ですね。


霜降の日付 2017年は?


2017年の「霜降」は、10月23日(月)となります。


なお、この「霜降」の時期に、「十三夜」もやってきます。

十三夜とは、旧暦9月13日の夜のこと。

新暦・つまり現代のカレンダーでは10月下旬ごろ。

今年 2017年の十三夜は、11月1日となります。


「中秋の名月」としておなじみの「十五夜」と並んで この「十三夜」も名月とされ、

「十五夜」を観賞したら「十三夜」にもお月見をしないと
「片月見」と言って縁起の悪いものとされていました。


縁起がよいかどうかはさておき、
十三夜は昔から天候にも恵まれることが多く、お月見日和な日。

「霜降」の時候になったら「十三夜」も思い出して、
お月見の準備もしておいてはいかがでしょうか。


霜降の行事や食べ物は?


さて、「霜降」の日には何か特別な行事はあるのでしょうか。

実は、霜降の日の特別な行事や風習は特にありません。

スポンサードリンク

ですが、秋も深まってきて、冬の足音も感じられる季節ですので、

これからピークを迎える紅葉・もみじ狩りの予定を立てたり

前述のように 十三夜のお月見の準備をしたり

冬支度として 暖房器具や冬服の準備をしておくのがおすすめです。


また、霜降に食べると縁起の良い食べ物、というのも特にありませんが、


・さつまいも
・山芋
・里芋
・柿
・栗
・鮭(秋鮭)

などは旬の食材。


旬の食材は美味しいだけでなく、栄養価が高く、
その季節や時期に必要な成分が豊富だといわれています。

これらの食材を摂ることで、心身に必要なエネルギーを補充でき、
開運にもつながるのではないでしょうか。


また、霜降のころは文字通り 寒気が強まってきて、体も冷えがちになってきます。

体の冷えは血流を悪くし、筋肉をこわばらせます。

転倒や怪我などにもつながりやすくなるばかりでなく、
精神面でもネガティブになったりと、運気を下げてしまいます。

霜降の頃には特に体を冷やさないよう心がけましょう。


そのためにも、霜降にはゆっくりとお風呂に長く入り しっかり温まるのがおすすめ。

お風呂に天然塩(荒塩)や日本酒を入れるのも 浄化力が高まり、
体も芯から温まるのでおすすめです。


まとめ


「霜降(そうこう)」とは二十四節季のひとつで、
朝晩冷え込んできて、初霜が降り始めるころを指します。


2017年の「霜降」は10月23日(月)。


特に霜降に行う行事や行事食はありませんが、
十三夜や紅葉狩りを楽しんだり、
冬支度をするのに良い時期となります。


体の冷えを防ぎ開運につなげるためにも、お風呂にゆっくりはいるのがおすすめです。


せっかく四季豊かな日本ですから、
四季折々のイベントを楽しみながら粋に生活することが
開運にもつながりそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク