見た目も最凶、咬まれた時の痛さも最強な『ムカデ』!!
本当に怖いですよね!

私も大の虫嫌いなのに、今住んでいるところは毎年ムカデが何匹も出て、
本当に怖くて ノイローゼになりそう!


・・・だったのですが、ある方法でぴたりと出なくなりました!

というわけで、室内に出るムカデの原因と対策をご紹介します!


スポンサードリンク
  

ムカデが部屋の中に出た!緊急の駆除方法


まずは今 ムカデが室内に出てパニくってる!!という方のために、
取り急ぎ 駆除方法をお伝えします。


殺虫剤をかけまくります!!!


調べるまでもないですが、私はこれでした。

安い殺虫剤や、ハエ用みたいなのだと効果が薄いです。
いくらかけてもなかなか死にません。


私がいろいろ試して効果大だったのは、「ゴ●ジェットプロ」です!


素早い“G”をも瞬殺する、強力な殺虫剤です。
若干お値段高めですが、緊急事態には頼りになる1本。
殺虫剤は、迷わずコレがおすすめです!!


“小さい子供がいるし、殺虫剤は人体への影響も心配だから使いたくない・・・”

という方には、

熱湯をかける!!!

という方法もあります。


私はやったことがないのですが、お湯なら毒性の心配はないですよね。
びちゃびちゃにはなりますが・・・。


この方法の最大の欠点は、

「お湯が沸くのを待たないといけない」こと!


ムカデは足が速いので、お湯を沸かしている間にどこか隅っこや隙間へ逃げ込んでしまうことも。
見失うと余計怖いですよね!

ティ○ァールなどすぐお湯が用意できる方、ポットにお湯を常備している方などは採用できる方法かと思います。


ともかく、
ムカデは咬みますし逃げ足も速いので、見つけたら迅速に退治しましょう!


もちろん、トングか何かで掴める方は掴んで室外へ逃がしてやってもいいのですが、またそいつが入ってきたら意味がありませんよね。

次章以降でご紹介する、ムカデを室内に入れないための対策もお忘れなく!

ムカデが室内に出る原因と対策


さて、ムカデが室内に出て困る・・・ということは、
どこかからムカデが入ってくるということですよね。


部屋でムカデを見たくない!という場合は

・ムカデの侵入経路をふさぐ
・ムカデが近寄ってこないよう対策する

という、2つの対策が必要です。


特に、よくムカデが出る部屋は要チェック。

通気口や壁・床などにひび割れなど、ムカデが通れそうな隙間がないか確認してください。
あったらそこをふさいでおきましょう。


ムカデは乾燥したところより少し湿ったところが好きなので、侵入経路も湿り気味なところからが多いようです。


陰になっている家の北面、縁の下、植物や草が伸びて陰っている場所。
そういったところに、家の中へ通じる穴や隙間があると そこから入ってきやすいです!


ウチの場合、湿りがちな北の部屋の窓を通気のためによく開けていたのですが、そこから侵入してくることが多かったようです!

その窓は年中閉じて開けないようにしたところ、それだけでムカデを見る回数が激減しました。


鉢植えの下なども暗く湿ってムカデが好むので、あまりお勧めできません。
ムカデを見たくなかったら、ムカデが好む隠れ家もあまり作らないようにしましょう!

薬?ハーブ?蚊取り線香?ウチにムカデが一匹も出なくなった方法!


侵入経路を対策したら、次は「ムカデが寄ってこないようにする」対策もしましょう!

よく言われているものや、おすすめのものをご紹介します!


⇒ ムカデ専用の忌避効果のある粉剤を家周りに撒いておく
⇒ ムカデ専用の忌避効果のある防虫スプレーを、ムカデの通り道になりそうな場所に噴霧しておく

スポンサードリンク

これらは私も使ってみました。一定の効果は感じました。
ムカデに効く専用のものがおすすめです。


⇒ 虫が嫌がるハーブの香りを家中に撒いておく

ひとくちにハーブと言っても、効くもの・効かないものがあります。
いろいろ試しましたが、他の虫を忌避する効果はあってもムカデにはあまり効果を感じませんでした。


⇒ バル○ンをたく
⇒ 蚊取り線香をたく

これらは今そこにいる虫を退治するものなので、忌避効果はあまりないと感じました。
ムカデには蚊取り線香もあまり効果ないように思います。


一番効果があったのは・・・

⇒ 家のあちこちに「樟脳」を撒いておく

これです!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤澤樟脳 252g(36個)[第一三共 防虫剤(衣類用)]【あす楽対応】
価格:905円(税込、送料別) (2017/3/2時点)


ムカデは樟脳の香りが苦手なようです。


樟脳を室内や窓際、玄関などムカデが入ってきそうな場所に置いておくと、その香りを嫌がってほとんど入ってきません。

さらに、ごくまれに室内に紛れ込んできても 樟脳の香りで勝手に瀕死の状態になっています!


ウチの場合、
ムカデを目撃し始めていたゴールデンウィーク頃から、
すっかり涼しくなった11月頃まで樟脳を撒くようにしました。

撒く前は年間10匹以上室内で見かけていたのが、
今では年に1回見るか見ないか。

見かけても、動きも遅いし、そのまま外へ捨てれるぐらい弱っています。

2年前ぐらいに1匹、トイレの小窓の近くで死にかけているのを見て以来、ここ2年は0匹です。


本当に、ムカデには樟脳!最強です。

以前は恐怖と警戒心から、いろいろなものがムカデに見えてビビっていましたが(実際ムカデも多かったし)、
今ではほとんどムカデの心配なく安心して過ごせています。


樟脳はタンス用に 和紙に巻かれたものなども売っていますが、むき出しのものがおすすめ。

効果は同じだと思いますが、樟脳は溶けて(揮発して)無くなりますので、
小さく溶けてきたら新しい大きいものを追加して置いておけばOK。

和紙付きのだと中身の残り具合も見えないし、溶けた後もごみ(和紙)が残ってしまうので、むき出しのものが便利なんですよ。


山や森が近くにあるとか、山を切り開いて家を建てたような場所などは、
そもそもムカデが多い土地柄であることが多いようです。

それでも、

「侵入経路をなるべく塞ぐこと」
「しっかり樟脳をまくこと」

で、ムカデの室内への侵入はほぼ防げるかと思います!

ムカデにお困りの方、ぜひお試しください!

まとめ


そろそろ「啓蟄」・・・
虫たちが土から蠢き出してくる季節・・・

春になって暖かくなってくるのは嬉しいけど、
虫との遭遇確率が上がるのは恐怖!!ですよね。


ムカデは見た目がヤバイだけでなく、咬まれると痛くて最悪ですもんね。

本記事が、ムカデ対策のお役にたてば幸いです。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク