今年もインフルエンザの予防接種の予約が始まりました。

小さい赤ちゃん・乳児がいるご家庭では特にインフルエンザは心配になりますよね。
私も子供が小学生と保育園児なので、毎年インフルエンザの流行には過敏になります!


「子供に予防接種を考えているけど、何歳・何ヶ月から打てるの?」
「副作用の心配はないの?」
「MRや水痘など他の予防接種も受けなくちゃいけないし、どんな順番で受ければいいの?」

など、悩んでいるお母さんも多いと思いますので、本記事を参考に、早めに計画を立ててみてくださいね。

スポンサードリンク
  

インフルエンザ予防接種 赤ちゃんはいつから打てる?


まず、そもそもインフルエンザの予防接種は何ヶ月の赤ちゃんから受けられるのでしょうか。

これは医師の考えによってまちまちなようです。


「生後6か月から」とするところが多いようですが、「1歳未満には接種しない(勧めない)」という病院も多いようです。

いずれにしても、あまり小さい子供は接種しても免疫がつきづらいのです。


乳幼児をインフルエンザ予防接種に連れて行ったら
「こんな小さい子には接種してもあまり意味がないですよ」
と医師に言われて、打つのをやめて帰ってきた・・・なんて話も聞きます。

かかりつけの病院では何ヶ月から接種可能か、予約前に問い合わせてみてくださいね。


なお、1歳を過ぎたころからは接種可能になります。

ただし子供はインフルエンザへの免疫がほとんどないため、
しっかり免疫がつくよう、期間を置いて2回接種をする病院が多いです。

インフルエンザ予防接種 副作用の心配は?


小さい子供はインフルエンザにかかるのも怖いけど、逆にワクチンの副作用も怖いですよね。

ですが、実際にはインフルエンザの予防接種によって重篤な副作用が起こることはまれで、かなり安全なワクチンだと言われています。


副作用(副反応)には次のようなものがあるようです。


  • 主な副作用(副反応)
  • 接種した部分が2~3日赤くなる、腫れる、硬くなる、熱を持つ、痛くなる、など。発生率は接種した人の10~20%程度。

    接種から2~3日程、発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感、一過性の意識消失、めまい、リンパ節腫脹などの症状が起こることもある。発生率は接種した人のうち5~10%。

  • 重篤な副作用(副反応)
  • ・非常にまれな副反応として、アナフィラキシー症状、急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群、肝機能障害、黄疸、ぜんそく発作などが起こる人もいる。


命にかかわるような副作用を万が一にも起こさないためにも、

・普段から子供を診察してもらって子供の体質などを理解しているかかりつけ医を作っておく
・予防接種前にはかかりつけのお医者さんに相談や診察をしてもらう
・予防接種の予定日付近で子供が体調を崩した場合は無理をせず接種を控える

スポンサードリンク

ことが、基本的に大切ですね。

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種と他の予防接種、同時接種や優先順位は?


赤ちゃんは必須の予防接種がたくさんありますね。
それぞれ間を空けなければならない日数も定められているので、接種のスケジュールは悩むところ。

さらに子供のインフルエンザの予防接種は2回だし、早く打たないと流行シーズンが来てしまうし・・・!?と、混乱してしまいますよね。


そんな場合におすすめなのは、率直にかかりつけのお医者さんに接種順序を相談してみること。

いつも診てもらっているかかりつけ医なら、
「この子は気管支が弱くてインフルエンザのリスクが高いからインフルエンザ予防接種を優先したほうが良い」
など、その子に合わせた提案もしてもらえるでしょう。


または、そういった子供の体質的な心配も特になければ、各予防接種のスパンを基にして優先順位を考慮すると良さそうです。


たとえばMR(麻疹風疹)とインフルエンザで優先順位を考えた場合、MRは生ワクチンのため、次の予防接種まで4週間(中27日)空けなければいけません。
MRを11月1日に打ったとすると、インフルエンザを打てるのは11月29日になってしまいます。

一方、インフルエンザは不活化ワクチンなので次の予防接種までは1週間(中6日)空ければOKです。
なので、インフルエンザを11月1日に打った場合、MRは11月8日に接種可能です。


接種すべきワクチンが生ワクチンか?不活化ワクチンか?
接種間隔はどれだけ空けなければならないか?

を確認してみると、おのずと順位が決まってくるのではないでしょうか。


なお、主な予防接種のワクチン種類は以下のとおりです(2016.9月現在)。


  • 生ワクチン
  • ロタウイルス、BCG、MR(麻疹風疹)、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)など

  • 不活化ワクチン
  • インフルエンザ、B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、ポリオ(IPV単独)、日本脳炎、HPV(ヒトパピローマウイルス)など


子供が小さい間は受けなければならない予防接種がたくさんあります。
予防接種で防げるはずのその病気にかかってしまわないうちに、なるべく効率的に済ませていきましょう。


もちろん、接種予定の日に万が一子供の体調が万全でない場合は、無理をせず見送ってスケジュールを再調整してくださいね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ひとりで悩まず、子供のかかりつけ医を作っておき、
お医者さんと家庭とで協力して子供の健康を見守る体制づくりをしていくことが一番良いと思います。

お母さんの精神的にも、困ったり迷ったりしたときに頼れる、心強い存在になると思いますよ^^


インフルエンザ予防接種については、以下の関連記事もご参照ください。

関連ページ

「インフルエンザ予防接種 子供への効果は?2回必要?料金は?」

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク