そろそろインフルエンザの予防接種が始まりますね。

ウチもそうですが、特に保育園などで集団生活をしているお子さんをお持ちのお母さんは、毎年インフルエンザの流行が心配になりますよね。

今年はどうしようかな・・・と迷っているうちに、気が付いたら予約がいっぱいになってしまっていた!

なんてことのないよう、本記事を参考に、早めにご準備いただければと思います。


関連ページ

「インフルエンザ予防接種 赤ちゃんはいつから?副作用や他の予防接種は?」

スポンサードリンク
  

インフルエンザ予防接種 子供への効果は?


インフルエンザの予防接種については

「受けてもかかることもあるから、意味がない」
「かかっても軽くすむから、受けたほうがいい」
「副作用も心配」

など、いろいろな話を耳にします。
結局打ったほうが良いのかやめておいたほうが良いのか・・・悩んでしまいますね。


ある専門家によると

高齢者や子供は体力が低いので、インフルエンザに感染してしまった場合重症化することもあるため、接種した方が良い

とのことです。
病院で相談しても、接種を勧めるお医者さんが多いようですね。


接種によって、打ったところが赤く腫れる、熱を持つ、かゆみ、体のだるさなどの副作用が出ることもあります。
注射部位の腫れは10人に1人程度、発熱は100人に1人程度の割合で生じるようです。


ですが、インフルエンザワクチンは生ワクチンとは違い完全に無毒化してあるので比較的安全と言われ、
卵アレルギーや他の予防接種で激しい副反応が起きたことがないなら それほど心配する必要はないそうです。


インフルエンザワクチンの副作用によるリスクは、インフルエンザでの合併症で亡くなるリスクよりもかなり低く、
副作用の程度・リスクよりも、免疫をつけ、重症化を予防するというメリットのほうが大きいと、多くの医師や専門家は考えています。


ただし、ワクチンは毎年 流行するウイルスの型を予測して作られているので、予測が外れたり流行型が途中で変わったりすると効果が薄かったり 効かなかったりする場合もあります。

接種したから絶対安心、ということではないので、接種しても感染予防には努めましょう。

インフルエンザ予防接種 子供は2回必要?


多くの病院では、子供へは2回の接種を勧められますね。

1回の注射だって嫌がるのに、毎年2回も子供を注射に連れていくのは一苦労。

しかも、ただでさえ寒くなり始めて風邪ひいたり体調を崩しやすい季節。
2回とも、予約した日に熱を出したりしないように子供の体調管理に気を配るのも結構大変なことです。

「子供は体も小さいのに、なんで2回も受けないといけないの?」
「1回ではダメなの!?」
って思いますよね。

なぜ大人は1回で、子供は2回なのでしょうか。


実は 大人の場合、これまでにインフルエンザに罹患していなくとも、知らず知らずのうちにインフルエンザウイルスに接していて、多少なりとも免疫がついているのです(これを「基礎免疫」と言います)。
そのため、残りの免疫を補うのに 大人は一回の接種で十分な量の免疫をつけることができます。


しかし子供にはその「基礎免疫」がほとんどない為、一回では十分な量の免疫がつかないのです。


1回だけだと、おおよそ60%~70%くらいの効果しかなく、2回接種すれば、100%に近くなると言われています。

スポンサードリンク

なお、1回目の接種から3週間ほどで抗体価が上がってくるので、2回目の接種はこの頃に打つと効果的により免疫が上がります。
このタイミングに合わせるため、1回目の接種と2回目の接種の間を開けるわけです。


ということで、1回の接種でもある程度の免疫はつきますから、子供の体調などいろいろな理由で2回目が打てなくても、効果が全くないわけではありません。


また、最近は子供にも1回接種で良い、とするお医者さんも多くなってきているので、
1回で済ませたい、というお母さんはご近所のお医者さんが何回接種としているか、リサーチしてみるのがおすすめです。

インフルエンザ予防接種 料金の安いところはあるの?


インフルエンザの予防接種は何千円もする上に、子供は2回!
家族全員受けたら、トータルで結構な金額になってしまいますよね。

私もそうですが、金銭的な面で躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。


インフルエンザの予防接種は保険が適用されない「自由診療」なので、各医療機関が料金を自由に設定できます。
そのため病院によって料金が違います。


インフルエンザ予防接種の相場(全国平均)は3,000円台ですが、
安いところでは1,000円ぐらいから、高いと7,000円台ぐらいまで、実際の価格は様々です。


また、子供の金額を大人よりも安くしたり、子供の2回目は1回目よりも安く設定してたりと、
金額的にも受けやすいように配慮している病院も多いようです。

ママ友からの口コミやインターネットなどでお近くの病院をリサーチしてみると、お得なところが見つかるかもしれませんね。


また、健康保険組合や自治体から予防接種の補助や助成が出ている場合もありますので、問い合わせてみるのもおすすめです。


一方で、
「インフルエンザの予防接種は高くつくけど、子供の病院代や処方薬は保険や助成で無料だったり安くすむから」
と、費用を天秤にかけて「予防接種は受けない」と選択する方もいるかと思います。

また、最近は自然志向のお母さんも多く、予防接種はなるべく受けない、という方針の子育てをされている方も増えているようです。


それらも1つの考え方・育て方なので良いと思いますが、インフルエンザにかかってしまった場合に処方されるタミフルには重篤な副作用の報告もあります。
タミフルを使用するリスクについてもあらかじめ念頭に置いておくと、後で慌てたり後悔したりせずに済むかと思います。

そのうえで、最終的には 本人の体調・体質や各ご家庭の方針・ご事情によって判断されれば良いと思います。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

子供が2回接種する場合は、2回接種完了して十分な免疫がつくのにトータルで約6週間(約1か月半)かかることになります。

接種を希望される方は、インフルエンザが流行りだす1か月半前には接種を終わらせられるよう、余裕を持って早めに予定されることをおすすめします。

(インフルエンザワクチンの効果は約5~6か月程持続します。)


なお、卵などにアレルギーがある人、けいれんの既住症や免疫不全のある人、熱を出している場合などには接種できないことがありますので、接種前にお医者さんに相談してくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク