お正月目前!

お正月には初詣を予定されている方も多いかと思いますが、
参拝時に

「あっ、この作法、どうだっけ!?」

と焦った覚えはありませんか?

今年は焦らずスマートに正しい参拝ができるよう、
事前にしっかりおさらいしていきましょう!

スポンサードリンク
  

初詣の正しい参拝方法 神社編


参拝からおみくじの引き方、お守りの買い方まで、これを読めばバッチリ!

まずは一般的な神社の参拝方法から。


1)鳥居~参道

大きめの神社では入り口から拝殿までにいくつか鳥居があります。
できれば横道から入るのではなく、一番外側の鳥居(一の鳥居)から順にくぐっていきましょう。

鳥居をくぐる前には都度 一礼します。

さらに細かく言えば、参道の左側を歩く時は左足から、右側を歩く時は右足から、鳥居に入るべきとも言われています。

参道は端のほうを歩きます。
参道の中央(正中)は神様の通り道であり、参拝者が歩くべきところではありません。

ここから参拝を終えて出るまで、境内では騒いではいけません。
静かに厳かに参拝しましょう。


2)手水舎(てみずや)

拝殿より手前に「手水舎(てみずや)」(「水舎(みずや)」、「御手洗(みたらい・みたらし)」とも言う)があるはずですので、そこへ立ち寄ります。


  1. 右手で柄杓を持ち、水を汲みます。その水を左手にかけます。
  2. 柄杓を左手に持ち替えて、同様に右手に水をかけます。
  3. 再度 柄杓を右手に持ち替えて、左手で水を受け、その水を口にいれてすすぎます。
  4. そのあと口の中の水は、口元を手で隠して静かに足元の溝へ流します。

    注)絶対に柄杓に直接口をつけないで!

  5. 水をもう一度左手にかけて清めます。
  6. 使った柄杓を縦にして、柄の部分に水を伝わらせる。
  7. 柄杓を元の位置に戻します。

以上の流れを、最初に汲んだ1杯の水で完了させます。
何度もじゃぶじゃぶ水を汲まないように。

この作法は単に手を洗っているのではなく、本来 禊をして神前へと向かうべきところ、簡略化してお清めをしているということになります。

ですから、手が汚れていないから。寒いから。といって、省略しないでくださいね!


3)参拝

いよいよ参拝の流れです!

  1. 一礼
  2. 拝殿まで来たら、まずは一礼。

  3. お賽銭を入れる
  4. 投げ入れるのではなく、そっと置くように入れてくださいね。

  5. 鈴を鳴らす
  6. 鈴があれば大きく振って鳴らします。
    これは、神様に参拝をお知らせするためとも、魔を払うためとも言われています。

    ただ、混雑しているときは無理に鳴らさなくても良いですよ。

  7. 二礼二拍一礼
  8. 2回深く礼(90度ぐらいまで!)をし、
    2回拍手(通称「柏手」。肩幅ぐらいまで手を開いて合わせ打ちます。)、
    深く1礼。

    ぺこぺこ、ぱんぱん、ぺこりん。です^^

    願い事があるときはこの最後の1礼のときに念じますが、事前に手短な一文程度にまとめておきましょう。

    冒頭に住所と氏名を心で申し上げたほうがよいですが、
    混雑しているときなど長くなってしまいそうなら省略しても良いでしょう。

    なお、私利私欲を満たすお願いばかりではなく、
    これまでのご加護、いつも見守ってくださっていることへの感謝もお忘れなく。

  9. 軽く一礼して退く
  10. 混雑している神社では特にすみやかに場所を譲りましょうね。


4)おみくじを引いたら

参拝後、おみくじを引くときは、神様に
「わたくしへのお言葉を下さいませ」
と願いながら引きましょう。


おみくじの内容は良くても悪くても、今のあなたに必要な神様からのご助言なのです。
凶が出たからと言っておみくじを引き直すなどはもってのほか。
神様の言うことに聞く耳を持たない態度の現れです。


引いたおみくじを境内の木に結んでいく方がいますが、これは間違いです!
本来、引いたおみくじは持って帰り、戒めやお守りにするもの。

とはいえ悪いおみくじだと持ち帰りたくない・・・という方も多いと思います。
その場合はせめて神社が用意した結ぶ場所(綱、ロープなどが用意されていることが多いと思います)へ結びましょう。

これは木に結ばれると木を傷めてしまうので、代わりの場所として神社が用意したもの。
そこに結ぶとご利益がある、というわけではないのです。


5)お守りを買うときは

最近は願い事別にお守りが売られているところも多いですし、デザインも豊富。

欲張ってあれもこれも、と買いたくなってしまう気持ちも分かりますが、あまりいくつも持つのはおすすめできません。

最も強く願っていることのお守りだけにするか、
迷うようなら用途の限られた「○○守り」ではなく、その神社の名があしらわれた汎用性のある物にするのがおすすめです。

スポンサードリンク

なお、お守りの効果はおおむね1年とされていますので、初詣で入手したお守りは来年の初詣で神社へお返しすると良いでしょう。


関連ページ「お守りやお札、破魔矢や正月飾りはいつ処分?初詣?どんど焼き?」


6)帰路

帰りも参道の端を歩きます。
鳥居を出たら拝殿のほうを向き直し、一礼して帰りましょう。

初詣で稲荷神社や伊勢神宮、出雲大社の参拝の仕方は?


前章では神社の参り方の基本をお伝えしました。

では神社は神社でも「稲荷神社」の場合は何か作法が違うのでしょうか。

また、毎年多くの初詣客で賑わう伊勢神宮や出雲大社の参拝の仕方のポイントもご紹介します。

稲荷神社の参拝方法


“稲荷神社”は全国最多の3万社以上ある大勢力。

京都の伏見神社、愛知の豊川稲荷、岐阜の千代保稲荷神社(通称 おちょぼ稲荷、おちょぼさん)がよく「三大稲荷」と言われています(諸説あり)。

基本的に稲荷神社も神社ですので、前章のような一般的な神社の参拝方法でOK。


ただし豊川稲荷は曹洞宗のお寺ですので異なります

また、おちょぼ稲荷(おちょぼさん)はかなり独特な参拝方法があります

おちょぼ稲荷についてはこちらで詳しくご紹介しています。

関連ページ

「おちょぼ稲荷のご利益、参拝の仕方と時間から藁人形、狐の怖い噂まで」


なお、稲荷神社には鳥居がたくさんあります。
「奉納」と書かれた鳥居は、願いが叶った人がお礼に奉納した鳥居です。

これらすべてに一礼しているのも大変ですので、
一礼するのは一番外の「一の鳥居」と、最も本殿に近いところにある鳥居だけで良いでしょう。

伊勢神宮の参拝方法


伊勢神宮には内宮・外宮があり、正式には外宮→内宮、と両方回るべき。
片方にしか参らないのは「片参り」と言われ、良くないこととされています。


内宮・外宮ともに正宮・別宮がありますが、

・順序としては正宮から参拝すること
・正宮では神様への感謝をする
・外宮では個人的なお願いをしてもOK

と言われています。


また、内宮の参道は右側通行、外宮の参道は左側通行、となっています。

他、参拝の仕方は前章のとおりでOKです。

出雲大社の参拝方法


出雲大社では “二の鳥居”を過ぎると、穢れを祓い清めてくださる「祓井神(はらいどのかみ)」が祀られた「祓社(はらいのやしろ)」があります。
こちらにもきちんと参拝して心身を清めたうえで拝殿の方へと進みましょう。


出雲大社では 一般的な「二礼二拍一礼」ではなく「二礼四拍一礼」が基本。
拍手の数が多いのでご注意を。

他は概ね基本通りでOKです。

お寺・寺院の参拝の仕方


初詣はお寺へ行く、という方も多いですよね。
そこで次は、神社ではなくお寺・寺院の場合の参拝方法をご紹介します。


準備)まず出かける前に! できれば数珠を持っていきましょう。

  1. お寺の前まで行ったら、山門の前で一礼。(神社で鳥居をくぐる時と同じですね。)
    お寺の敷居は大きいですが、踏まないように注意。またいで中へと進みます。
  2. 手水舎があれば神社と同様に清めましょう。
  3. お線香の焚き場が本堂よりも手前の方にあれば、先にお線香を焚きます
  4. 本堂の前まで来たら軽く一礼
  5. があればつきます。
  6. 本堂の前にお線香やろうそくを上げる場所がある場合、ここで行います。
  7. お賽銭を入れます。ここでも神社同様、無礼に投げ入れないように注意。
  8. 合掌(手のひらをぴったり合わせ、指は伸ばし、右手を少し引きます)し、感謝の心で祈願します。数珠を持参していればここで使います。柏手は打たないので注意!
  9. 軽く一礼し、速やかに退きます。
  10. 御朱印を集めている方は頂いて帰ります。
  11. 帰りも山門を出たら振り返り、一礼して帰りましょう。(鳥居と同じ作法ですね。)

まとめ


いかがでしたでしょうか。
これらをチェックしておけば 焦ることなく参拝できそうですね。

でも手順よりも、一番大切なのは「神仏への畏怖と感謝を忘れないこと」かもしれません。

自分も、そして神様・仏様も気分良くなっていただけるような参拝をしたいですね^^


参拝に関するいろいろな疑問に関しては、こちらもご参照ください。

関連ページ「初詣はいつまでに行く?仏滅でもいい?甘酒はお酒?お神酒の飲み方は?」


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク