いよいよ年越しが迫ってきましたね。


年越し時に気になるのが、

「初夢っていつ見る夢だけ!?」

そして夢を見たら

「これって・・・縁起がいいの?悪いの?」

ということではないでしょうか。


そこで、初夢のタイミングや、見るといいもの、
良い夢を見る方法や 悪い夢を見た時の対処法などについてご紹介します。

スポンサードリンク
  

初夢とはいつ見る夢?見ると縁起のいいものは?


まず、「初夢」のタイミングについて。

大晦日の夜→元旦の朝に見るもの?

1月1日の夜に見るもの?

正月の三が日で最初に見たもの?


など、いろいろな説がありますが、正解は

1月1日の夜に見た夢。


昔 立春からを新年としていた時代は 立春の前日である節分の夜に見る夢を「初夢」としていたり、
その後1月2日の夜に見る夢を初夢としていた時代もありました。

ですが、明治時代ごろから現在は、1月1日の夜に見るのが初夢ということで落ち着いたようです。


そして、縁起の良いものと言えば

「一富士 二鷹 三なすび」

ですが、これには続きがあり、

「四扇 五煙草 六座頭」(しおうぎ・ごたばこ・ろくざとう)
「四葬礼 五雪隠」(よんそうろう・ごせっちん)
「四に葬式 五に火事」
「四葬礼 五糞」

など、いくつかのパターンで言われています。


これらのキーワードが縁起が良いと言われる理由も諸説あるのですが、
主に以下のような理由と言われています。


  • 富士:高い目標や出世の象徴。「無事」と掛けている。
  • :行動力、開運の象徴。「高い」と掛け、運気上昇を象徴。
  • なすび:事を「成す」。初物のなすが値段の高いことから。
  • :末広がりで、開運・発展の象徴。
  • 煙草:上に上がる煙から、運気の上昇を象徴。
  • 座頭:座頭とは、琵琶法師のイメージどおり、盲目の僧や按摩師。
    座頭もなすも「毛がない」→「怪我無い」と掛け、家内安全を象徴。
  • 葬式(葬礼):逆夢の一種で、自分自身や現状の悪い点・嫌な点がなくなり、新しい良い状況が生まれることを暗示すると言われる。
  • 雪隠:トイレのこと。夢占いでは、特に金運に良い暗示と言われる。
  • 火事:これも逆夢の一種で、思いがけない幸運の暗示と言われる。
  • :便、大便、排泄物の夢は不快ではありますが、金運アップの暗示と言われています。

中には縁起が悪そうで不安になるようなものもありますが、新年早々これらが夢に出てきたらラッキー!

良い1年のスタートになりそうですね^^

初夢を見なかった場合や覚えていない場合は?


私などは普段から夢を見過ぎて、朝起きるとぐったりしているほどなのですが、
逆に友人は いつもぐっすり眠れるので全然夢を見ない(覚えていない)!と言います。

そういった方だと初夢も見なかったり覚えてなかったり、ということがありますよね。

そのように、
1月1日の夜に夢を見なかった場合、初夢は無し!ということになってしまうのでしょうか・・・?


これに対する考えも諸説ありますが、

そもそもいつ見る夢を初夢とするか、というのも時代で変遷してきたもの。

ですから、

1月1日の夜でなくとも、新年明けて 最初に見た夢を初夢とする

ということでも良いと思いますが、いかがでしょうか^^


なお、
夢を見ないタイプの方が夢(初夢)を見られる・覚えていられるようになるにはどうしたらよいのでしょうか。


夢ばっかり見ている私から、経験上おすすめな方法は、

夢日記をつけること!


「そもそも夢を見ないんだよ!(怒)」と思われるかもしれませんが、
よ~く思い返してみると 夢の断片だけでも思い出せるかもしれません。

まずはそんな断片でOK。

夢日記ノートを1冊用意して、書きとめていきましょう。

思いだそうとすること。そして書いて記憶を留めること。

これを繰り返していくと、夢に意識が向かうようになり、
次第に夢を見る(覚えている)日が多くなり、その内容も長くなってきます。

また、手書きで書きとめておくのがしっかり記憶に残っておすすめですが、
夢日記ブログなどに残していくのも 読み返しやすいので良いでしょう。

初夢に良い夢を見る方法&悪い夢を見たときの対処法!


初夢に良い夢が見られるようにコントロールできたらいいですよね!

しかし残念ながら、現時点では夢をコントロールできる確実な方法は見つかっていません。

そこで、古典的な方法から経験則に基づいたものまで、
私のオススメする「良い夢を見る方法」をいくつかご紹介します。

初夢に良い夢を見る方法


・七福神と宝船の絵を枕の下に敷いて寝る

七福神を乗せた宝船の絵を用意し、それを枕の下に敷いて寝ると良い夢が見られる。
これは古く室町時代から伝わるおまじないだそう。

さらにその紙の裏には 悪夢を食べるという空想上の獣である「獏」という字を書いておくと更に良く、もし悪夢を見ても獏が食べてくれるのだそうです。


・回文を読む

「長き世の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音のよきかな」
(ながきよの とおのねぶりの みなめざめ なみのりぶねの おとのよきかな)

スポンサードリンク

この回文を紙に書き、3回読みあげた後 枕の下に敷いて寝ると吉夢を見られる、
というのも、室町時代に端を発する風習です。


前述の宝船の絵が描かれた紙にこの回文を書いて3回読み、枕の下へ。
という説もあります。

それなら相乗効果が期待できそうですね!


また、この回文を唱えながら折り紙で帆かけ船の形に折り、それを枕の下に敷いて眠ると良い、というバージョンもあるようです。


・夢で見たい物の画像・映像をしっかり見てから眠る

寝る前に見たドラマや映画の影響を色濃く受けた夢を見たことはありませんか?

寝る前に見たものや、その日の印象的な出来事などは夢に出てきやすいですよね。

ですから、寝る前に「夢に見たいもの」をしっかりと目と心に焼きつけて眠れば、それが夢に出てくる可能性は高まることでしょう。

「夢は願望や不満を夢に映し出すことで充足感を得たりストレス発散を行ったりしているものだ。」

と、夢分析の権威であるフロイトも言っているように、
普段から繰り返し願っていることや 感じている不満・不安などは夢に出やすいですよね。

なので、さらに言えば 前日だけでなく普段から「夢に見たいもの」を繰り返しイメージしておくと、夢に出てくる可能性はアップすると思われます。


・寝る前にゆっくりお風呂に入り、アロマテラピーを活用する

寝付きの悪い人や、寝ても途中で目が覚める、悪夢ばかり見る、というような方におすすめなのがこちら。

快適で上質な眠りに導くために、お風呂とアロマで心身を解きほぐしてからお布団に入りましょう。

寝ている時の心地よさは、悪夢予防にもなります。

快眠におすすめのアロマは

  • ラベンダー
  • カモミール
  • オレンジ
  • ネロリ

などです。

雑貨屋さんや100均などの安いものだと合成物質が混ざっていて質が悪い場合があります。
良質で純度の高い精油(エッセンシャルオイル)を選びましょう。

初夢が悪夢だったときの対処法


とはいえ、夢は完全にはコントロールできないものですから、
残念ながら初夢が悪夢だった・・・ということも なくはないですね(汗)

新年早々、絶望してしまいそう・・・orz

でも大丈夫!悪い夢でも、対処法があります!


・宝船の絵を使った場合は、絵に「獏」と書いて川に流すか土に埋める

獏に食べてもらうということですね。


・寝起きに「ゆうべの夢は獏にあげました」と3回言う

これなら簡単ですね♪


・悪い夢だったらすぐ人に話す!

見た夢の話を話すとそれは実現しないと言われています。
それを逆手にとって、悪い夢は言ってしまえば手放すことができます!
午前中のうちに話してしまうのが良いようです。


・逆夢と思って、気にしない!

「火事」や「葬式」の夢だって、初夢に見ると縁起の良いものとされているのです。

一見 悪い暗示のようなストーリーの夢でも、実は縁起が良いとか、良い暗示だということも多々あります。

ですから、「これは逆夢に違いない!」と開き直って気にしないのも一つの手。

あるいは夢占いで調べてみるのもおすすめです。

体の不調など、今 治しておくべきもの・取り組んでおくべきものに気付かせてくれるかもしれませんよ!

まとめ


いかがでしたでしょうか。

夢はコントロールできないものですが、だからこそ楽しかったり、不思議だったり、魅力がありますよね。

また、どんな夢でも捉え方次第で活かすことができます。

皆さまの新年が初夢でより良いものになりますように^^


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク