私は愛知県に住んでいるのですが、海沿いなので温暖で、雪はめったに降りません。

私はスキーなどもやらないので雪山にもいかないため、
ウチの子供たちは雪にホントに憧れています(笑)

そんな雪に憧れる、名古屋や中部圏のキッズに朗報!

この冬も「モリコロパーク雪まつり」が開催されますよ!!

スポンサードリンク
  

名古屋から日帰りで子供と雪遊び in愛知!「モリコロパーク雪まつり2017」


今年もモリコロパークでの「雪まつり」、開催日程が決まりました!


【開催日】
2017年1月28日(土)~ 2月19日(日)の土日に開催!(8日間)

※平日はやっていませんのでご注意ください。

【開催時間】
10:00 ~ 16:00


雨天決行!
ただし雪の降雪状況により、開催日、開催時間は変更します。


中部地方の人には多分まだ馴染み深い(?)かと思いますが、
他の地域の方には「モリコロパーク」と言ってもピンと来ないかもしれませんので少し説明しますと、


モリコロパークとは
2005年に開催された「愛知万博」、愛称「愛・地球博」の開催会場であった長久手会場跡地に作られた「愛・地球博記念公園」の愛称です。

つまり、万博公園ですね。


万博が開かれた跡地ですので、モリコロパークはとっても広いです。

観覧車やちょっとした遊園地施設のほか、人気の「サツキとメイの家」や、温水プールなどのスポーツ施設などがあります。


「雪まつり」が開かれるのは、その中でも「交流広場」あたりのみになります。

交流広場は広い「北駐車場」のすぐ横なので、北駐車場に停められればそんなに歩かなくて済みます。
(北駐車場の隅っこの方だとちょっと距離ありますが・・・)


「雪まつり」では、

岐阜県郡上市高鷲・ひるがの高原から運ばれてきた雪で遊べるコーナーあり、
各種“ふわふわ”あり、アクアボールあり、バンジーなんかもあり、
各地のグルメが楽しめる出店屋台もたくさんあり、
屋内で積み木などで遊べる場所もあり、
大道芸など無料で見て楽しめるイベントもあり・・・

と、雪だけでなく一日あれこれ楽しめるイベントとなっています。

モリコロパーク雪まつりは混雑する?料金は?服装は?


モリコロ雪まつりの、気になる混雑・渋滞状況について。

お天気や日程にもよると思いますが、
私が行った3年前・2年前は、駐車場入り口付近で少し渋滞したものの、車が動かないほどの渋滞はありませんでした。

駐車場はかなり広くて、普通車が1800台以上停められますので、
駐車場の空き待ちで何時間も過ごす・・・なんてことはないと思いますよ。

ただ、駐車場も広いし モリコロパーク自体も広いですから、小さなお子様連れの方はベビーカー必須だと思います。

モリコロパーク 駐車場料金


駐車場料金は普通車1日500円

8:00~18:30まで停められます。

ただし駐車場に入庫できるのは17:30迄、雪まつり自体は16:00迄ですのでご注意くださいね。

公共交通機関・リニモもおすすめ!


マイカーで来てもよほど停められるとは思いますが、渋滞が心配な方、雪など路面が心配な日などは公共交通機関がおすすめ。


名古屋方面からは

「名古屋駅」
 ↓
【地下下鉄東山線】で終点「藤が丘駅」へ
 ↓
【リニモ】で「愛・地球博記念公園駅」へ
 ↓
徒歩すぐ!


「リニモ」とは、愛知万博に合わせて開業された、日本初の磁気浮上式リニアモーターカー。

静かで揺れもほとんどなく、乗り心地抜群。
さらに防音壁もない高架を走りますので、眺めも抜群。

リニモに乗ること自体も、ひとつのアクティビティのように楽しめると思いますよ!


リニモはとっても素晴らしい乗り物ですが、実は今、運営の採算が取れておらず、「負の遺産」となりつつあります・・・。
もしかしたらこの先、操業を停止するなんてこともあり得るかも・・・!?(汗)

まぁそこまでは決まっていませんが、乗れるうちにリニモ目当てで来てみるのもおすすめです!^^;

モリコロパーク雪まつりの料金


次に、雪まつりにかかる料金について。

モリコロパーク自体への入場料:無料

雪まつりへの入場料:無料

雪遊びコーナー:無料

です!


ですので、スコップなどを持ってきて雪で遊ぶだけなら無料!!
(車なら駐車場代500円かかりますが)


ただし会場内での各種アクティビティ(ふわふわ、アクアボール、バンジーなど)はそれぞれ300円~600円ほどかかります。

ふわふわなんて1回5分ですから、1回では到底子供は満足しません(汗)

300円分お得な、300円×6枚つづりで1500円のチケットも販売しているので、こちらを買っておくのがおすすめです。


なお このチケット、ファミリーマート、サークルKサンクスで前売購入すると人気の3アクティビティが専用入り口から入場できる『優先入場券』がついてくるそうです!

スポンサードリンク

まだそのアクティビティが何なのかは発表されていませんが・・・
行くならこちらを買っておくのが一番お得なのは間違いないですね^^

モリコロパーク雪まつりはどんな服装で行けばいい?


雪まつりと言っても公園ですので、服装については、冬の外遊び程度の防寒で大丈夫です。

雪山で遊ぶような完全防備で行くと暑いと思います^^;
ふわふわやトランポリンで飛んだり跳ねたりしたら汗かきますしね。


ただし雪遊びをしていると濡れますので、

・防水のジャンパー
・防水の手袋
・長靴

は必須です!


あとできれば

・防水のズボン
・替えの靴下
・濡れたとき・汗をかいたときのための着替え
・カイロ
・帽子
・タオルか大きめのハンカチ

があると安心だと思いますよ。


さらに、より雪遊びを楽しむために スコップや小さなバケツなんかもあるといいと思います^^

モリコロパーク雪まつりに行ってきた口コミ体験談


ちょっと古い情報ですが、私が行った時の体験談をご紹介しますね。


子供たちの“雪への想い”を叶えてあげたくて、
中部地方、なるべく名古屋近郊で雪遊びができるところを探していたら、

「モリコロパークでおっきな雪の滑り台で遊べる!?」

と発見したのが3年前。
子供を連れて、すぐに行ってみました。


たしか3年前は、雪の滑り台はレーンが多くて、高い滑り台・低めの滑り台と2段階ありました。

滑り台の上に行くには足場と階段が組んであって、列に並んでそれを上って行かないといけないのですが、これがかなりの行列。

高いほうの滑り台は当時保育園児だった娘は怖がってましたが、大人と一緒に恐る恐る滑ってみるとすぐにハマって、何度も繰り返し列に並んでいました。


2年前に行ったときは雪の滑り台は低くなっていて、滑り口への足場も組まれていませんでした。

去年は行っていないのですが、去年はもう雪の滑り台はなくなり、ふわふわの滑り台になっていたようですね・・・。

この分だと今年も雪の滑り台はナシかな?残念です。


その滑り台のすそ野のほうに、雪遊びエリアがありました。

雪遊びエリアは結構狭くて、子供も大人もひしめき合っていました。。

また、行った時の天候や時間が悪かったのか、
雪は解けて固まり、踏まれて固まり、雪と言うより氷でした。。

なのでとても手ですくって遊べる状態ではなく、スコップが必須でしたね!
行かれる方はぜひ持って行ってください。


(そんな風だったので、私としては砂遊び用のプラスチック製ではなく硬い鉄製のものがおすすめなのですが、

公式ホームページには
「プラスチック スコップなど(お砂場遊びセットのような)雪遊びグッズの持ち込みは可能」
と書かれておりますので、

もしかしたら「鉄のスコップはご遠慮ください」と言われてしまうかもしれません・・・。)


なお、場所や雪が確保できれば 雪だるまやかまくらは作ってOKですが、
そりの持ち込みや雪合戦は禁止ですのでご注意ください ^^;


私が行ったのは天気のいい日の昼ごろからだったので、午前中のうちに雪が解けてきたのと、人が多かったのが 雪が固かった原因かなと思います。

ので、遊びに行くなら

・午前早めの時間帯
・天気は悪めの日

がおすすめです。


雨の予報だったけど外れて降らなかった、なんて時は客足も少なくて一番の狙い目ですね。
ただし天気が悪い日は寒いと思いますので防寒対策はしっかりしてくださいね。

もし雨が降ってしまっても雪まつりは開催されますし、濡れずに遊べるものもあります。


“ふわふわ”やアクアボールなど、有料アクティビティも豊富なので
子供たちは「次はあれ!」「もう一回!」と何度もやりたがります。

楽しいのはいいのですが、1回300円~600円かかるので、飽きるまでリピートされるとお財布に痛い・・・(涙)


ので、有料アクティビティはそこそこにして、無料の雪遊びや積み木遊び、あるいはモリコロパークの内の施設に移動して遊ぶのも良いと思いますよ。

ウチは 半日は雪まつり、半日はサツキとメイの家へ行って過ごしました^^


食べ物については、目移りするほどいろいろなグルメの出店屋台が並んでいますので、それも楽しみの一つになるかと思います。

ただお昼時はどの屋台も多少行列になりますし、ベンチやテーブルも埋まりがちですので、昼食時間をずらす予定で行動するのもおすすめです。


「モリコロ雪まつり」は毎年ちょっとずつ内容が変わってきていますが、今年の雪まつりのご予定のヒントになれば幸いです^^

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ウチのように雪があまり降らない地方の子供にとっては、とても貴重で嬉しい雪遊び。

過去2回行きましたが、2回とも子供たちはとっても楽しそうに遊んでいましたよ。

特に今年は暖冬で、名古屋周辺ではまだ雪が降っていませんから
「モリコロ雪まつり」で雪に触れられたら とっても喜ぶと思います!

ぜひ計画してみてくださいませ^^


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク