2017年、今年の冬至は12月22日!

もうすぐ冬至ですね。

最近は「新月の願い事」や「満月のお財布ふりふり」など、月の満ち欠けに合わせた開運方法が流行っていますが、

年に1度しかない「冬至」も、強力な開運デーなんです。

運気アップにおすすめの冬至の過ごし方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

冬至のスピリチュアル的な意味とは?


そもそも冬至って、何の日でしょうか。

冬至は、1年で昼が最も短く、夜が最も長い日、とされています。


つまり暗い闇の時間が最も長い日。
いわば「闇の日」といったところでしょうか。

陰と陽でいえば、「陰」が最大化する日。

こう聞くとなんだか開運には程遠い、悪い印象を持つかもしれませんが、
陰=悪、というわけではありません。

東・西、男・女、のように、陰・陽も、ただそういった両極の性質であるというだけ。
暗い闇でじっとしている期間がなければ、植物の種も芽を出しませんよね。


また、見方を変えればこの日を境に、どんどん昼の時間が長くなる、スタートの日です。


冬至に向けて 陰がどんどん大きくなってきていたものが
冬至で極大し、
冬至を過ぎると 陽がどんどん強く大きくなっていくわけですね。

このことを一言で表す、冬至の別名が「一陽来復(いちようらいふく)」

これからどんどん幸福がやってきますよ、運気が上昇しますよ、という、パワー溢れる言葉です。


冬至になると特別な「一陽来復御守」を頒布する神社もあります。


また、世界に目を向けてみても、夏至や冬至に合わせて造られた建造物はたくさんありますし、
冬至に合わせて神事が行われていた文明は数多いですよね。

風水発祥の地である中国でも、その昔 冬至を1年の始まりとしていた時代もあったり、
冬至には宮中で祝賀儀式が行われていたなど、
古来から人々は冬至をとても重視してきました。


最近の日本では冬至はせいぜい「ゆず湯に入る日」「かぼちゃを食べる日」というイメージぐらいで、それすら実際しない方も多くなってきているようですが、

冬至は1年に1度の、運気が好転・上昇する「スタートの日」。

運気アップのために、次のようなおすすめの過ごし方を試されてみてはいかがでしょうか。

運気を上げる冬至の過ごし方!


冬至のパワーを活かすには、次のようなことを心がけて過ごすと良いようですよ。


・ポジティブ&おおらかな心でに過ごす!

冬至はパワーの強い日なので、この日のポジティブさもネガティブさも、その後の日々への影響大。

ですから、冬至には「運気を上昇させていくぞ」とポジティブに、あるいは寛容なおおらかな心で意識して過ごすのがポイント。

逆にネガティブに過ごしたり、悪口や愚痴など言ったり、後ろめたい言動をしたりすると運気はダウンしますのでご注意を。


・叶えたい願いや目標を書き出す!

冬至は太陽の力が一番弱まる日。そしてここから、また太陽の力が蘇って強くなっていく日です。

これは月でいえば新月の日ですね。

冬至も、新月の日と同じように「再スタートの日」ですから、叶えたい願い事を書き出すのにもってこいの日。


やり方は新月の日の願い事と同じ。
紙に叶えたい願い事を、2つ以上、10個以内書きだします。

ポイントは、その願いがもう叶っているような文にすること。

スポンサードリンク

例えば、「ダイエット成功させるぞ!」ではなくて
「ダイエットに成功して、食べ物に執着しない、軽やかな自分になっています」
みたいな感じに。

リセット&再スタートの日ですから、新たな理想の自分に生まれ変わるイメージで書きだしてみましょう。


書き終わったら、見えるところに貼っておきましょう。

そうすることで日々度々目に入り、潜在意識に刷り込まれ、実現化するパワーも増すでしょう。


・ゆず湯に入る!

定番ですが、やはり冬至のゆず湯はぜひ入りましょう。

冬至の頃からは寒さも厳しくなり、風邪やインフルエンザも猛威をふるいますよね。

ゆずには風邪予防に良いと言われるビタミンCやリモネンが含まれていますから、
これらが溶け込んだゆず湯でしっかり体を温めるのは 季節的にも最適です。


また、風水的にも冬至のゆず湯は吉。

風水などの基本になっている「五行思想」では自然界のあらゆる事象を木・火・土・金・水の5つの要素に分けて見ます。

この五行思想で見ると、冬至は寒さを表す「水」の気が強まっているとき。
ですからそれを克服する「土」の気が重要になります。

ゆずやかぼちゃの黄色はまさに「土」の気の色!

ですから、五行思想や風水の観点からも冬至のゆず・かぼちゃは良いと言えますね。

冬至には「ん」が付く食べ物で運気アップ!


冬至の食べ物と言えば「かぼちゃ」が有名ですね。

前述のように、冬至のカボチャは風水的にも良いですし、
栄養的に見ても 抵抗力を上げるカロテンがたっぷり含まれているので風邪予防にも最適。

体を温める煮物にして食べるのがおすすめですが、なかなか煮物を作るのは・・・という方は、
かぼちゃのスープならコンビニやファミレスでもありそうなので、おすすめです。


・「ん」の付く食べ物で“運盛り”!

冬至には、かぼちゃ以外にも“「ん」が2つ付く食べ物”を食べると「んん」≒「運」が付く、というわけで、縁起が良いとされています。

これを「運盛り」と呼ばれています。


蓮根(れんこん)、人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、うんどん(うどん)、そしてカボチャの別名である「なんきん」。

これらをまとめて「冬至七草」とも呼びます。


ん(運)が付く、なんてただの語呂合わせのようですが、季節のもの・旬のものは栄養価も高く、その時期必要な栄養素が摂れるもの。

少しでも食事に取り入れて、体も運気もパワーアップしましょう!


中でも「金柑」と「銀杏」は、「金銀財宝に困らない」ということで金運アップにおすすめ。
まあるい形も金運の象徴ですね。

銀杏をつまみに金柑酒を少し頂くのも、寒い冬には温まっておすすめです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

こうしてみると、冬至を大切に過ごすことで自分の心身をいたわることにもなり、目前に迫った新年への良い準備にもなりそうですね。

最近では何もせず過ごしがちだった冬至ですが、今年はしっかり冬至を楽しみたいと思います^^

寒さ厳しくなる季節ですので、皆さまもぜひお試しいただき、健康&開運のカギにしていただければと思います!


冬至が過ぎたらいよいよ大晦日は目前。
大晦日・お正月も開運ポイントがありますのでお忘れなく。

→ 『開運する大晦日から元旦の過ごし方と正月にやってはいけないこと!』

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク