もうすぐ年始。

年が明けたら、初詣に行って、新しいお守りを買って・・・

でも、待てよ。

古いお守りや御札がずいぶんたくさんたまっているけど・・・

これっていつ処分すればいいの!?

と思ったので調べてみました。

スポンサードリンク
  

古いお守りや御札(おふだ)を処分するタイミングはいつ?


まず、お守りもお札(おふだ)も、基本的にその効果は「1年」とされているものが多いようです。

でも 必ずしも1年というわけではなく、願いが叶ったら、とか、自分のタイミングで決めても良いそうです。


ただし、いつまでもなんとなく置きっぱなし・つけっぱなしで何年も経過・・・
というのは 神仏のご加護をぞんざいに扱っていることになり、よろしくありません!

きちんと1年、あるいは自分で決めたタイミングで、感謝をこめて返納しましょう。


なお、返納する場所はそのお守り・御札を頂いた神社・お寺にお返しするのがベスト。

ですが、遠方だったりでなかなか行けないという場合は別の寺社でも良いそうです。

ただし、神社のお守りをお寺に納める・・・というのはNG!

神社のものは神社へ。お寺のものはお寺へ。というのは必ず守りましょう。


また、塩などで清めて自分でゴミに出してしまう方法もよく言われていますが、これはやらないほうがベター。
やっぱり神様・仏様の化身、ご加護が宿っているものですから、神社やお寺に返すべきものですよね。

近くに神社・お寺もない、行くのが難しい、という方は郵送で返納を受け付けてくれる寺社もありますので、まずは返納したい寺社へ問合せてみてはいかがでしょうか。


初詣で入手したお守りや御札は、翌年の初詣でお返しする習慣にしておくのも良いですよね。


多くの寺社では、年末年始の間は古いお守りや御札を返納するための「古神札納め所」が設置されているはずです。

「お焚き上げ」などと書かれているかもしれませんし、特に表記がないかもしれませんが、大抵行けば分かると思いますので、そちらへ納めます。


お焚き上げ料として、近くの賽銭箱に気持ち~そのお守り・御札と同額程度のお賽銭を入れましょう。

お守りや御札のこれまでのご加護に感謝をこめて、「ありがとうございました」という気持ちで納めてきましょうね。

お宮参りや七五三の破魔矢も初詣で処分して良いの?


お守り、御札は初詣で返納してくればOK!

では、お宮参りや七五三でもらった「破魔矢」も一緒に返納してきてしまって良いものでしょうか・・・?

もう、ウチには数年前の子供の七五三のものから、3つも破魔矢が溜まっていますが・・・(汗)

これも調べてみました。


そもそも破魔矢をいただくのは、主に

  • 「お正月(初詣)」
  • 赤ちゃんが生後1カ月を過ぎたころに行く「お宮参り」
  • 子供の「七五三」

の時が多いかと思います。

スポンサードリンク

このうち、お正月に入手した破魔矢はお守りや御札同様、1年間のお守りとして翌年のお正月あたりに返納するのが良いようです。

また、お宮参りで頂いた破魔矢は主に、子供が1歳の誕生日を迎えたら 神社にお礼参りに行って返納します。

七五三で頂いた破魔矢は、翌翌年のお正月に、初詣の際に返納するのが良いようです。


お返しする方法はお守り・御札と同じ。

破魔矢は「古神札納め所」に納めて、
お賽銭箱にお焚き上げ料としていくらか入れましょう。

お納めしてくる際は、お守りいただいた感謝を忘れずに。

しめ縄など正月飾りの処分はいつ?処分しない?し


お守り・お札・破魔矢は寺社で頂くから寺社に返納する、と分かりましたが、
では「しめ縄」「門松」「鏡餅」など、お正月飾りはいつどのように処分するのでしょうか?

初詣は三が日に行くから、そこで一緒に外して持って行くのはまだ早いし、
そもそも神社で買ったものではないから神社へ納めるものかどうかも「???」ですよね。


まず、鏡餅は「1月11日」が「鏡開き」として、鏡餅を割って食べる日、というのはよく知られていますね。

また、お正月飾りと言っても、ケースに入った羽子板などはしまってまた来年飾りますよね。


困るのは、他の「門松」「注連飾り(しめ飾り)」「注連縄(しめなわ)」「玉飾り」など。


これらは「松の内」が明ける1月7日(地域によっては1月15日)まで飾ったあと、
昔は 地域ごとに1月15日に行われる「どんど焼き」(「とんど焼き」「左義長」などとも呼ばれます)で焼いていましたが、
今は地域で実施するところもかなり減少傾向のようです。


ですが、多くの神社やお寺では今も1月15日頃にこれらを燃やす、「お焚き上げ」が行われています。


地域のどんど焼きがない場合は、やはり寺社へ持って行ってお焚き上げしてもらうのが良いでしょう。


ただし大きな門松などは遠慮頂いているところもあるようですし、一度寺社へ確認したほうが無難です。

大きな門松は神社まで持って行くのも大変ですし、そのまま年中飾ったり、自分で廃棄する方も多いようです。


玄関や火の元、車などに飾ったしめ飾りや玉飾りなど小型の正月飾りなら、松の内が明けたら1月15日までに「どんど焼き」や寺社のお焚き上げへ持って行くとよいですね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

お守り・御札・破魔矢はいずれも目安1年を経過したら、ほかっておかずにきちんと感謝を込めて返納しましょう。

古いお守りをきちんとお返しすることで、新しいお守りもより効果を発揮してくれそうですよね^^

私も次の初詣は溜めてしまっていた分しっかりお納めしてきます~!


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク