お正月モードがひと段落すると、次のイベントは節分ですね。

でも節分って、なんだか地味なイベント。

豆まきなんて掃除が大変だし「鬼は~外!」なんて、いい大人が恥ずかしいし。

最近急に盛り上がってる「恵方巻き」だって、無言で1本まるごと食べるなんて、意味分からないし。


なんて言って、節分をスルーしてはいませんか!?

実は節分こそが、1年で1番かもしれない、大切な開運デーなのです!

今年は節分を正しく過ごしてぐーんと運気アップさせちゃいましょう。

スポンサードリンク
  

そもそも節分とは?節分の柊鰯の作り方といつまで飾る?


2019年(平成31年)2月3日は、「節分」です。


読んで字のとおり、「季節を分ける」という意味の節分。

実は今知られている立春前の節分(2月)だけでなく、立夏・立秋・立冬の前にも節分はあるのです。

でもその中でも、「二十四節気」において“春の始まり”つまり“新たな年の始まり”という意味を持つ、立春前の節分が最も重視され、今では2月の節分だけが「節分」として有名になっています。


節分は新たな年の始まりの前日、つまり大晦日の意味合いがあるため、新たな年が幸多い年となることを願い、昔から節分には邪気払いの行事が行われてきました。


そのひとつが「豆まき」ですね。


豆まきは「魔滅(まめ)」から来ているという説や、
昔 京都に鬼が出没したが、毘沙門天のお告げどおりに豆を鬼の目に投げつけて退治したという逸話から来ているという説があります。


豆まきには、投げた豆から悪い芽が出てこないよう、炒った豆を使います。

そしてその年の干支の人(年男)、または一家の主が「鬼は外、福は内」と大声で言いながら豆を撒くことで、邪気を払います。

そのあと、自分の年の数+1粒の豆を食べ、一年の無病息災を願います。


つまり、豆まきとは大晦日に家や家族の邪気を払い、新たな一年、家族が健康で過ごせるように願う、大切な儀式なのですね。


そして、最近はほとんど見かけませんが、節分には「柊鰯(ひいらぎいわし)」という風習もあります。

西日本では「焼嗅(やいかがし)」とか「やっかがし」「やいくさし」「やきさし」などとも呼ばれます。

昔からとがったものや臭いものは魔よけ・厄払いになるとされ、とがったヒイラギと臭いイワシの頭が使われるようになりました。

イワシの頭を焼いて、葉の付いた柊の枝に突き刺し、玄関や玄関先に飾ります。

地域差はありますが、たいていは節分の日に飾って、翌日の立春には片付けます


お正月飾り同様、そのままポイとごみ箱に捨てるのは気が引けますので、半紙に包んでお塩で清めて廃棄しましょう。


実はこの柊鰯、起源はとても古く、平安時代の「土佐日記」にも柊鰯の記述があります。
そんなに古くからの歴史ある風習なら、今年はやってみたいなという気になりますね^^

スポンサードリンク

玄関先に飾るのは、ちょっと見た目が・・・という方は、家の中に飾っても良いようですよ。

恵方巻きはいつ食べるの?2018年の恵方の方角は?


一方、今や豆まきをしのぐ勢いでメジャーな節分のイベントなっになった、「恵方巻き」

豆まきはしないけど恵方巻きは食べる、という方も多いのではないでしょうか。

その年の恵方(幸福を司る歳徳神・年神様がいらっしゃる、その年の吉方位)に向かって無言で太巻き寿司をまるごと一本食べて、新たな年の多幸を祈るというものですね。

2019年の恵方は、「東北東やや右」です。


ですが、ここでひとつ落とし穴(?)が。

実は、恵方が変わるのは立春になってから。
つまり、節分の日の恵方は、まだ前年のままなのです。

カレンダーではもう年が明けていますが、節分の日に年神様のいらっしゃる方角を向いて食べるなら、正確には去年の恵方を向いて食べないといけない、ということになります。

こちらの説を採るなら、2018年の恵方「南南東やや右」となりますね。


ただ、前述のように恵方巻きは「その年の恵方を向いて新年の多幸を祈願する」もの。

意味合いから考えると、節分に昨年の恵方を向いて食べるよりも、二十四節気上の新年を迎えた立春の日に新たな恵方を向いて食べるほうがご利益がありそうですね。


ここでそもそもの恵方巻きの起源をさかのぼって考えてみましょう。

「恵方巻き」はもともと江戸時代に大阪の花街の遊女たちの間で流行らせた遊びが起源と言われています。

それをその後、大阪の海苔商人たちが販促活動として、“幸運を呼ぶ”という触れこみで巻きずしを販促しました。

さらに近年、コンビニをはじめとする小売業界が縁起物として大々的に販促し、これほどメジャーなイベントになりました。


ですので、豆まきや柊鰯と違って、厄除けや神事を起源としたものではないのです。

どちらかというと、意味を後付けした大衆行事と言えますね。


ですからあまりこだわらず、節分か立春あたりの都合のよい時に行えば良いと思いますよ。

節分は運気の変わり目!運気アップする過ごし方


節分は二十四節気のひとつですね。

このように 二十四節気を基準とした暦は「節切(せつぎり)の暦」と言い、現在のカレンダーとも旧暦ともまた違った区切りの暦です。

現代のカレンダー上ではあまり目立たない「節分」の日ですが、
節分は節切の暦での大晦日に相当する日であり、実は占いやスピリチュアル的には結構重視されているのです。


占いやスピリチュアルでは、節分は運気の変わり目とされます。

翌日の立春から新たな年となるのですから、「気」が変わります。
運気も変わります。

特に節分は厄払いや浄化に適した日なので、今までちょっと運気が落ちていたな~、と感じる人は流れを変えるチャンスです。

豆まきや柊鰯ももちろんですが、「掃除」「酒風呂」で、より一層強力に厄払い・浄化ができます。


お掃除は節分に限らず、年中通して強力な開運行動です。

年末の大掃除の要領で、節分に大掃除するのもとっても良いですね。

関連ページ

「合成洗剤を使わないエコ大掃除!セスキ炭酸ソーダ、重曹、クエン酸の使い方」


不要なものがいっぱい溜まっていては運気を逃します。断捨離も大切ですね。

関連ページ

「大掃除で開運のコツ!断捨離で物を捨てて風水で運気アップ!」


それから、節分にはお風呂で心身を浄化させるのもとてもおすすめ。

1つまみの塩(粗塩がベスト)と日本酒を少し入れて、ゆっくり浸かりましょう。

ただしふつうのお風呂よりかなり温まりますので、のぼせないようにご注意くださいね。

そうしてお家も自分も浄化して、新たな気持ちで新しい年・立春を迎えましょう。


立春を過ぎたら、縁起の良い「春財布」も買い時です。

金運もアップして、良い1年を過ごしたいですね。

関連ページ

「【2019年】金運を上げる春財布の使い始め吉日!いつ買う?開運日は?」

まとめ


いかがでしたでしょうか。

節分なんて地味でスルーな日でしたが、
なんだかお正月よりも大切な日のような気さえしてきますね。

次の節分はぜひご紹介したように過ごして、がっつり開運して立春を迎えましょう!


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク