新年、毎年 年が明けるとデパートなどでは“新春福財布!”などとお財布の売り出しがあったりしますね。

新年に気分も新たに「お財布」を新調するのは気持ちも良いですし
「春財布」=お金でパンパンに“張る”財布、ということで縁起も良いと言われています。

今年は春財布を新調して、金運UPしちゃいましょう!

まずは、金運を上げる財布の選び方から!

スポンサードリンク
  

金運を上げる財布の色!


せっかく買い替えるなら、金運に効くカラーのお財布を選びたいですよね。

金運を上げる色はいくつかありますが、それぞれ特徴があるので今の自分、目指す自分に適した色を選びましょう。

金運が上がるお財布カラー


・ベージュ、茶色、黄土色

茶系の色は“土”の気を持つカラーで、持ち主の堅実性を高めます。
じっくり倹約・貯蓄できるようになりそうですね。

また、派手に入ってくるパワーはないものの、土は植物が育つ源となるように、
これらのカラーにはゆっくりとお金を育てる、増やす力もあるようです。
不動産投資などしている方には最適な色ではないでしょうか。


・ゴールド(金色)

金運UP、開運のパワーがあるほか、持ち主の才能や堅実性も高める、強力な色です。
ただしあまりに金ピカだと“金”の気が強すぎてお金の出入りが激しくなってしまいます
シャンパンゴールドのように少し抑えた色味や、部分的にゴールドをあしらった財布などが良さそうです。


・黒

お金を呼ぶ力は強くないものの、今あるお金が出ていかないように守る力が強い色です。
すでに財産を持っていてそれを守っていきたいという人や、浪費癖が気になっている人にはおすすめです。


・シルバー

自分の才能を発揮させる力がある色なので、ビジネス運がアップし、結果的に金運につながりそう。
キャリアアップしたい、仕事で成功したい人におすすめ。
株や不動産での成果を狙っている人にも良いカラーです。


・ピンク

ピンクは特に女性の運気を上げます。
対人運に効くカラーなので、自分で稼ぐ力を養うというよりも周りの人の力・援助でお金が入ってくるようになりそうです。
じわじわ底上げするというより、突発的にポン、と良いことが起きたりしそうです。

注意が必要なお財布カラー


・黄色

金運=黄色!というイメージが強いですが、実はお金の出入りが激しくなってしまう色。
大金が入っても、すぐに出て行って身につかないかも・・・。


・青

水の性質を持つカラーなので、お金が入ってきてもすぐに流れ出て行ってしまう作用があり、避けた方が無難。

ただし紺色(ネイビー)はお金を守る力があるカラーなので、貯めたい方にはOKな色です。
男性に有効なカラーです。


・赤

“火”の気を持つカラー。お金が燃えるようにどんどんなくなってしまいそうです!


・白

白色は浄化パワーがあるので、今まで金運が悪かった人はリセットできるカラー。
ただしお金をはね返す作用もあるので、お金がどんどん舞い込む色ではありません。
また、汚れやすいのが難点。汚れた財布は運気を落とします。

金運を上げる財布の素材!


次に、お財布の素材選びです。

カラーは良くても素材の持つ運気が悪いと幸運財布にはなりません。

こちらも自分の状況に合わせたラッキーな素材を選びましょう。

金運が上がるお財布素材


・牛革(カウレザー、カーフレザー)

牛は昔から豊かさの象徴であり、金運が上がる素材と言われています。
特に貯める力が強いので、今あるお金を減らしたくない、浪費をやめたい方におすすめです。


・羊革(シープスキン、ラムスキン)

神への捧げもの、幸運や善の象徴とされてきた羊。
持ち主に幸運と人脈運をもたらしそうです。

スポンサードリンク


・蛇革(パイソンレザー)

神聖な生き物、神の化身とされることの多い蛇。
蛇革の財布は人脈を拡大しビジネスチャンスを呼び込む力がありますが、貯める力よりも循環させる力が強いため、お金の出入りは激しくなりがち
自営業などお金の循環を重視される方におすすめです。


・豚革(ピッグスキン)

ヘビ革同様、お金の循環を良くする作用があります。
貯蓄したいというより、金まわりを良くしたい方向き。
また、人気運を上げる素材でもあるので、人気商売をされている方におすすめです。


・ワニ革(クロコダイル)

大きな口と鋭い歯で一度くわえた獲物は離さない、というワニのイメージどおり、大金を掴んで離さない強いパワーを持った素材です。
ただしパワーが強すぎるので、まだ財を築いていない人には不向き
すでにビジネスで成功してしている人や資産家などにはおすすめです。


・ダチョウ革(オーストリッチ)

鳥は“金”の気を持つ動物。
オーストリッチは増やす力・貯める力の両方兼ね備えています。
ただしワニ革同様パワーが強いので、すでに財産を築いている人向きの素材です。


・馬革(コードバン)

馬革には自然で高級感あふれる光沢があり、風水的にも良い素材です。
インスピレーションを高めるので、ギャンブル運が上がりそう。
ただし馬は“火”の気を持つので、財布よりもバッグなど他のアイテムに使う方が無難かもしれません。


・ビニール、ナイロン、合皮

これらは“火”の気を持つ素材なのでお金の気を燃やしてしまいます。
お金を引き寄せるパワーもなく、浪費・散財につながりそうですので避けましょう。


他にも鹿革(ディアスキン)、ヤギ革(ゴートスキン)、イノシシ革(ペッカリー)、象革(エレファントレザー)、エイ革(スティングレイ)、鮫革(シャークスキン)などの革財布もあります。

これらは特に優れた金運を持つというわけではないですが、
光沢がありきれいに手入れされた革は運気を上げます。

ビニールや合皮、布などのお財布を持つよりは、いずれかの革製のものがおすすめです。

金運を上げる財布の形やカード枚数!


財布の色・素材が決まったら、次は形。


よく言われるのは、「二つ折り」ではなく「長財布」のほうが良いということですね。

財布はお金のお家。
そう考えると、折り曲げられて窮屈な二つ折りよりも のびのびできる長財布のほうが心地よく長居してくれそうですね^^

また、新しい財布の使い始める前に、中身の標準価格として覚えこませるために できるだけ大金を入れておくのが良いのですが、二つ折り財布ではあまり厚い札束は入りませんからね。

やはり長財布がベストだと思います。


さらにラウンドファスナーのものだと お金が出て行きづらくなるので より良いですね。


形でいえば、最近かわいい「がま口」の財布をよく見かけるようになりましたね。

がま口は、その大きく開く形状から「ガマガエル」が由来となっています。

カエル=お金が帰ってくる。
大きく開く=お金がどんどん入ってくる。

ということで縁起は良いのですが、大きく開く=出ていきやすいということでもあります。

メインの財布は長財布にして、小銭用財布はがま口にする、というのが風水的にも使い勝手的にもおすすめです。


また、財布の中身はすっきりさせるほうが良いので、
通帳やスマホまで入るような機能性財布はあまり風水的には運気が良くないと思われます。


カード入れの数は「8つ」が最もラッキー。
他、「6」「12」も良いですが、カードをたくさん財布に入れることは良くないので、その点からもカードポケットは8つがベストでしょう。


ほかには、金色のファスナーやチャームが付いているものも金運を上げるのでおすすめです。

まとめ


いかがでしたか?
これらのラッキーな要素をたくさん盛り込んだ 金運UP財布が見つかると良いですね^^


良い財布が見つかったら、購入するタイミング使い始める前にやると良い金運アップ風水などもありますので、こちらもご参照ください!

関連ページ

「金運を上げる春財布の使い始め吉日2017年!いつ買う?開運日は?」
「財布を使い始める前にすることや入れるもの!古い財布の処分方法も」


最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク